敷金礼金が多い物件が良いってホント!?オーナーの傾向を読み取れる


礼金の持つ役割はオーナーの経済力で変わる

礼金有りの賃貸物件を避ける人がいることは、特に期間限定で住みたいと考えている人に多い傾向があります。なぜなら、敷金は退去時に清算された上で戻って来ますが、礼金は戻ってこないお金だからです。オーナーと対面したことが無い状況にも関わらず、システムであるかのように礼金を払うことに抵抗がある人もいるでしょう。しかし、礼金設定有りの賃貸物件はオーナーが裕福な人という点で有利な判断材料となることがあります。実は、金融機関からの借金により建築された物件には礼金設定出来ないルールがあるので、礼金有りの部屋には建築に伴う抵当権設定が無く突然オーナー変更が発生するリスクが少ない傾向にあるからです。オーナー変更に伴う退去命令には、6ヶ月の猶予を設けられると逆らえないと知っておくと良いでしょう。

敷金が多ければ退去時の清算費用が少ない

敷金の目安は地域ごとに異なるものの、1ヶ月から3ヶ月程度が一般的です。敷金が多いほど退去時に清掃費名目で退去費用を支払う必要が無いので、金額の多少が問題になることがあったとしても敷金を上回る原状回復費用を請求される心配が少なくなります。転居時には引越し費用がそれなりに必要となるので、なるべく少ない金額で済ませたいものです。原状回復費用まで転居時払いとなると、転居後の生活が一時的に苦しくなるかもしれません。そこで、敷金が2ヶ月以上の部屋を最初から選ぶことにより、喫煙者やペット飼育といった部屋を著しく汚す行為をしていない限りは原状回復費用として追加請求されることは少ないでしょう。

旭川の賃貸物件で考慮するのは雪対策です。除雪作業がしやすいかや除雪道具が共用で使えるか、床暖房がついているかなどがポイントです。