何年住むの?リフォームを前提にした家づくりをしよう!


長く住むならリフォームが必要になる

注文住宅を建てたら特に手入れをしなくてもずっと住めるというわけではなく、定期的にリフォームをして快適な状態を保っていかなければなりません。長く住みたいと思うときほど、長期的なリフォーム計画を立てておくことが欠かせません。

リフォームしやすい家を建てよう

これから何十年も住むという場合には家族構成もライフスタイルも変化していく可能性があります。ただ住まいの劣化を防ぐためにリフォームをするだけでなく、状況に合わせて住みやすさを追求するためのリフォームも検討した方が良いでしょう。しかし、それを考えたときに問題になるのが住宅の可変性です。例えば、子供が独立したから子供部屋とリビングをつなげて広くしてしまいたいと思っても、間にある壁を取り除けないこともあります。キッチンの場所を変えたいと思っても、水周りの自由度が低くて変えられないこともあるでしょう。

このような状況に陥らないためには、将来的にどのようなリフォームをする可能性があるかを考え、可変性が高い家を建てておくのが大切です。比較的安い注文住宅の場合には規格化された住宅になっていてリフォーム可能なところが少ない場合がよくあります。高いからといって可変性が高いとは限りませんが、ある程度はコストがかかってしまうことは否めません。全て変更しやすいようにデザインするのではなく、これから先の生活を考えていったときに、ここは手を入れる可能性があるというところの可変性を確保するのが大切です。

注文住宅のメリットは、家を自分の思い通りにすることができることです。部屋の間取りや設備、外観を自分で決めることができます。